« コロナウイルスの感染しやすさと湿度の関係。相対湿度40~60%の場合ほとんど感染しない。それ以上それ以下でもダメ。 | トップページ | マイクロバイオームとは何か。身体のなかの生物多様性 2/2 »

2020年5月 5日 (火)

ウィルス感染防止にマスクの効果あり

ガーゼなどの布マスクも、使い捨てマスクも、ウィルスを避ける、という記事があったので紹介します。


リンク
結論から言うと、ガーゼなどの布マスクも、使い捨てマスクも、ウィルスを避ける◯、と断言するのは私の夫、製薬フィルター部に勤続ウン十年。学会が生き甲斐。

ワイドショーを観ていると、大きな大きな米粒のイラストを用意し、それに対して新型コロナウィルスはこ〜んなにも小さい、だからマスクも通過してしまう、と報道していました。
ところが違うとのこと。
「ブラウン運動って習ったでしょ?」
は?何じゃそりゃ?

ロバート・ブラウンと言う学者が発見してアインシュタインが解明した微粒子の運動の法則。

それによれば、新型コロナウィルスのような微細な粒子は動きが激しい為、むしろ逆にガーゼマスクや使い捨てマスクの繊維に容易にキャッチされ、ハエ取りテープに張り付いて逃げられないハエのように、マスク内部への侵入は出来なくなるとの事。

なので、ガーゼや布で手作りしたマスクも立派に新型コロナウィルス対策となるそうです。
飛沫よけとして考えていましたが、ウィルスもよけるとは。


「ブラウン運動は気体中でも液体中でも小さな粒子に対して発生します。

空気中に浮かんでいるエアロゾルなどの微粒子は、激しく動き回っている空気分子に衝突され、ランダムにはじかれる。これがブラウン運動です。ブラウン運動により微粒子は「拡散」します。「拡散」したウィルスなどの微粒子を捕捉する際のデータがあります。

大谷教授の「粒子の濾過のメカニズムについて」
リンク…/conf/waste_safety02/mat05.pdf
P.8のグラフは、気体ろ過で粒子が捕捉される効率に関するもので、捕捉効率が最も低い粒子径はだいたい0.3μm前後。それよりも小さい粒子や大きな粒子は補足しやすい、つまり、小さいから通過してしまうわけではないと言う事を表しています。
さらに、いったん繊維と接触した微粒子は、ものすごくものすごく軽いので、「分子間力」という分子どうしが引きあう力が一番支配的になり、いったん繊維とくっついたら離れません(ハエトリテープと同じ意味合い)。

例えば今回有名になったN95マスクは、最も捕捉しにくいと言われる0.3μmの微粒子を95%以上捕集できることが確認されているマスクです。
したがって、0.2μmやそれ以下の径の微粒子は、例えばこのN95マスクだったら、もっと高い捕捉効率を示すと言う事がわかります。
同様に「拡散」により、一般に使用されているマスクも効率よくウイルスなどのより小さな微粒子を捕捉できます。
ちなみにコロナウイルスの直径は0.05~0.2μmだそうです。」

 
宮田一郎

« コロナウイルスの感染しやすさと湿度の関係。相対湿度40~60%の場合ほとんど感染しない。それ以上それ以下でもダメ。 | トップページ | マイクロバイオームとは何か。身体のなかの生物多様性 2/2 »

コメント

マスクは全然効果が無い。
効果があるのはお茶か海水で濡らした布だけである。
二重の布マスクを手づくりして間に塩味のお茶煮浸し他布を挟んで口鼻から出入りする空気をフィルタリングすれば100%全ウイルスを感染ブロックできる。
加持で有毒な煙に巻かれたときも水に濡らした布を口鼻に当てて呼吸器を守り、水に濡らしたバスタオルを被って皮膚への熱を遮断して、足底を守る厚底のくつを履いて逃げれば生還できるように、
第二次大戦の防空頭巾と防火用水を常時家に供えておくことで、地震火事毒ガステロウイルスパンデミックテロの全てから安全に護身することが出来る。
布は海人民族大和瑞穂の国日本人ご先祖さまの智慧之賜物である。

私がブログに書いたとおり。


1.拈華微笑 南無父母不二佛
https://hougakumasahiko.muragon.com/
2.豊岳正彦の無有万機公論
高速道路無料化参照【民のかまど3年間】http://hougakumasahiko.cocolog-nifty.com/blog/2019/01/post-8f69.html
3.豊岳正彦
https://hougakumasahiko.hatenablog.com/
4.hougakumasahikoのブログ
https://ameblo.jp/hougaku-masahiko/
5.豊岳正彦youtube用ブログ
https://masa-ho.blogspot.com/

まあご覧なさい(笑い)

マスクは全然効果が無い。
効果があるのはお茶か海水で濡らした布だけである。
二重の布マスクを手づくりして間に塩味のお茶に浸した布を挟んで口鼻から出入りする空気をフィルタリングすれば、
100%全ウイルスを感染ブロックできる。

火事で有毒な煙に巻かれたときも水に濡らした布を口鼻に当てて呼吸器を守り、
水に濡らしたバスタオルを被って皮膚への熱を遮断して、
足底を守る厚底のくつを履いて逃げれば生還できるように、
第二次大戦の防空頭巾と防火用水を常時家に供えておくことで、
地震火事毒ガステロウイルスパンデミックテロの全てから安全に護身することが出来る。

織り姫が織りあげた布は、海人民族大和瑞穂の国日本人ご先祖さまの智慧之賜物である。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コロナウイルスの感染しやすさと湿度の関係。相対湿度40~60%の場合ほとんど感染しない。それ以上それ以下でもダメ。 | トップページ | マイクロバイオームとは何か。身体のなかの生物多様性 2/2 »

人気ランキング

  • にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ お勧めサイトランキングへ
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ